イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2012. 12.20

【ニュースレター】 CPSIA新規則と新年度の展望 - 子供向け製品の第三者検査・認定要件を定めた新規則が施行へ

マックス・オルソン クレイグ I. セルニカ ルイーズ・ストゥープ ダニエル P. レヴィソン
ジャック・ロンデン スティーブン E. コマー 寺澤 幸裕 矢倉 千栄


PDF版こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 リンダ・レーン/ジェシカ・ロバーツ

2013年2月8日から、全ての子供向け製品の輸入業者および米国内メーカーは、その製品が適用を受ける消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission、以下「CPSC」)の検査・認定規則の継続的な遵守を証する包括的な技術関連の書類を備え置くことが義務付けらる。この展開は、2008年8月に成立した消費者製品安全改善法(Consumer Product Safety Improvement Act、以下「本法」)の実施の次の段階を表わしている。

輸入業者およびメーカーを支援する取り組みの中で、CPSCは10月、これら予期されていた新規則について、よりコスト負担が軽くなる方法を含む変更を調査する方針をとることを決定した。しかし、こうした展開は既に複雑になっている規制の進展にさらなる不確実性と混乱をもたらすだけともいえる。

新規則の概要

現在、企業は、鉛含有塗料を使用した製品、小さな部品を含む製品、普通サイズおよび普通サイズ以外のベビー
ベッド、乳児用おしゃぶり、子供用金属製宝飾品など、子供向け製品のいくつかのカテゴリーについて初期検査を行うよう義務付けられている。新規則は、各製品の寿命が続く間、適用される安全基準が確実に継続して充たされるよう、企業に対し初期検査の後も措置を講ずることを義務付ける。

子供向け製品認定証

ほぼ全ての子供向け製品について、メーカー(または輸入業者)は、その製品に関し子供向け製品認定証(Children's Product Certificate、以下「CPC」)を発行し、これを小売業者や販売業者に提供しなければならない。現在、企業のCPCはCPSC公認の第三者機関による初期検査に基づいており、その子供向け製品に適用される子供向け製品安全規則を遵守していることを示しているが、2013年2月からは、規則遵守の継続を確実にするため、初期検査に加え、生産継続中の製品のサンプル検査も定期的に行う必要がある。この検査は、当該検査により製品の適用基準該当性が「高度の確実性」をもって示されるといえるだけの、十分な数のサンプルによって行われなければならない。

定期検査計画

製品が当初規則を遵守していると認定された後であっても、2013年2月からは、当該製品の生産が継続する限り、定期検査が義務付けられる。定期検査計画には、行われる検査の内容、適切な検査の間隔、および検査対象サンプルの数について概要を記述しなければならない。初期検査と同じく、定期検査は公認の第三者機関により行われる必要がある。検査を行うべき間隔は最低でも年に一度(または、当該企業が生産検査計画を有する場合は2年に一度、ISO/IEC17025:2005規格が認定する機関を使って検査を行う場合は3年に一度)である。検査の間隔としては、当初の認定証の発行後に製造される当該製品が、引続き全ての製品安全規則を遵守することを確実にする程度に短かいものである必要がある。

重大な変更

新規則の下では、メーカーが、当該製品に適用される子供向け製品安全規則の遵守に影響を及ぼす虞があることを相当な注意をもって知る、または知るべき「重大な変更」が行われたときは、メーカーは常にその製造バッチを再検査する必要がある。かかる「重大な変更」には、生産設計、製造工程または部品の調達の変更も含まれる。

不当圧力

製品の検査を受ける企業は、2月までに、第三者検査機関に対して当該企業が不当な圧力を及ぼさないことを保障するための予防策を導入しなければならない。予防策には、役員から従業員に対して研修を受ける旨の方針書を示すこと及び、従業員の研修参加を証明することが含まれる。さらに、従業員がCPSCに対して製品または製造工程の問題をいつでも秘密裏に報告することができることを、従業員に対して周知しなければならない。従業員は、メーカーが検査結果を秘匿し、または検査結果への不当圧力を行使しようとする場合は、直ちにCPSCに届け出ることが義務付けられている。

記録管理

新規則は、記録管理について、特定の記録を生産日から5年間保管すべきことを義務付けている。保管義務のある記録には、CPCの写し、第三者機関の認定検査、設計、製造または調達に係る全ての重大な変更の記録、不当圧力にかかる手続き、及び定期検査計画並びに検査結果などが含まれる。

部品に関する規則

メーカーは、一定の状況の下において、部品メーカーによる検査もしくは認定または他社の完成品に係る検査もしくは認定に依拠することで、自社の検査および認定要件を充足することができる。当該部品または完成品が追跡できない場合および、被検査者と検査者を特定できない場合は、他者の受けた検査に依拠することは認められない。

影響と指針

米国の子供向け製品の輸入業者の多くが、今後、海外の調達先に対し、検査・認定の新規則の遵守を求めると予想される。したがって、輸入製品については、新規則遵守の負担は米国外の工場へと転嫁されることとなり、そのことにより増大傾向にある米国の輸入業者の法令遵守の負担は軽減されるだろうが、他方で輸入製品のコスト上昇がもたらされる可能性がある。一方、米国内のメーカーは自社にかかる負担を転嫁するための対応策を持たないため、規制上の負担の増加によって、国内で製造される製品のコストが上昇する可能性がある。

輸入業者および米国内のメーカーのいずれも、各製品カテゴリーに適用される基準・要件を特定するために、自社製品の分類をすることが推奨される。その上で、定期的・継続的な検査手順および供給業者要件を書面で整備し、実行することが重要である。製品のライフサイクル中に製造工程を変更する場合は、企業は規則を確実に遵守するための、当該製品の検査に係る付加的な時間と費用を考慮する必要がある。

メーカーはまた、検査費用を軽減するために利用可能なあらゆる手段を講じるべきである。例えば、メーカーは、(1)小ロットのメーカーとして適用除外に該当するか否か、(2)自社製品は本当に「子供向け製品」であるか、また、子供向け製品である場合には、特定の検査要件の適用除外とならないか(特定の天然素材は、鉛およびフタル酸エステルの検査の対象とならない)、または、(3)「部品」の検査・認定を最大限活用しているか、といった点を検討すべきである。

今後の展望

CPSCは2012年10月10日、予定される規則に基づく第三者検査の負担を軽減し得る9つの推奨案について、同委員会の職員に更なる調査を指示することを決定した。かかる推奨案には、特定の禁止成分を含まないと判定しうる素材リストの策定の可能性など、様々な事項の調査が含まれる。

負担軽減へ向けた同委員会の取り組みの結果、この度提案された改正に影響を受ける企業が最終的には恩恵を享受する可能性はあるものの、施行開始まで間もない今の時期にこのような取り組みが導入されることにより、今後の近い将来の改正の予測が一段と不透明かつ困難になると考えらる。これらの推奨案のいくつかが実施されたとしても、2013年には子供向け製品のメーカーおよび輸入業者に対し、多大な負担が新たに加わることとなるだろう。CPSCは、新規則により「企業が自社製品の認定の根拠とし得る選択肢が明確化される」ことを期待するとコメントしているが、規則に違反した企業には、民事制裁金、また、場合によっては、刑事罰もしくは資産没収などが科される可能性がある。

* * *

モリソン・フォースターは、CPSIAが議会で審議され、2008年に最終的に法制化されるまでの動向を注視してきました。当事務所は数多くのクライアントに同規則の施行について助言し、また、CPSCの動向に遅れを取らないよう支援を続けてきました。また、子供向け製品および消費者製品を取り扱う企業や業界団体を数多く代理し、法令、行政執行および訴訟に係る多種多様の問題についてもクライアントを支援しています。

コンタクト先:

リンダ・レーン
+1 (858) 720-7989
llane@mofo.com

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

Looking Forward to the New Year and New Third-Party Testing and Certification Requirements for Children's Products

By Linda Lane and Jessica Roberts

After February 8, 2013, all importers and domestic manufacturers of children's products will be required to maintain comprehensive technical files proving their products' continuing compliance with applicable Consumer Product Safety Commission ("CPSC") testing and certification rules. This development represents the next step in implementing the Consumer Product Safety Improvement Act ("CPSIA") passed in August 2008.

In an effort to assist importers and manufacturers, the CPSC voted in October to move forward with exploring changes to these anticipated new rules that would incorporate more cost-saving measures. However, this development has only introduced further uncertainty and confusion into an already convoluted regulatory development.

OVERVIEW OF NEW RULES

Currently, firms are required to conduct initial testing on some categories of children's products, including those with lead paint, those with small parts, full-size and non-full-size cribs, pacifiers, and children's metal jewelry. The new rules will require firms to go beyond initial testing to ensure that each product, throughout its lifespan, continues to meet applicable safety standards.

Children's Product Certificates

For nearly all children's products, manufacturers (or importers) must issue a Children's Product Certificate ("CPC") for that product and furnish it to retailers and distributors. Currently, a firm's CPC is based on initial third-party testing by a CPSC-accredited laboratory showing that their children's product complies with the applicable children's product safety rules. Beginning in February 2013, in addition to initial testing, testing of samples of continuing production must also take place periodically to ensure ongoing compliance. The testing must be done on enough samples to provide a "high degree of assurance" that the tests conducted demonstrate the products' ability to meet applicable standards.

Periodic Test Plan

Even after a product is initially certified as compliant, effective February 2013, periodic testing will be required when there is continuing production of that product. A periodic testing plan must outline the tests that will be conducted, appropriate testing intervals, and the number of samples tested. Like initial testing, periodic testing must be conducted by an accredited third-party lab. The maximum testing interval is once a year (or once every two years if the firm has a production testing plan, or once every three years if the firm conducts tests using a lab accredited by ISO/IEC 17025:2005). The interval selected must be short enough to ensure that products manufactured after the issuance of the initial certificate continue to comply with all product safety rules.

Material Changes

Under the new rules, a manufacturer needs to retest its production batch any time a "material change" has been made that a manufacturer, exercising due care, knows or should know could impact the product's compliance with applicable children's product safety rules. Such a "material change" would include changes in the production design, the manufacturing process, or the sourcing of component parts.

Undue Influence

By February, firms having their products tested must put safeguards in place to ensure that there is no undue influence by the firm upon third-party testing laboratories. Safeguards include a written policy statement from a company official directing its staff to receive training, and attesting to staff participation in the training. In addition, employees must be told that they can confidentially notify the CPSC of a problem with the product or manufacturing process at any time. Employees are required to notify the CPSC immediately if a manufacturer makes any attempt to hide results or exercise undue influence over test results.

Recordkeeping

With regard to recordkeeping, the new rules require that specified records be maintained for five years from the date of production. Required records include a copy of the CPC; third-party certification tests; records of all material changes in design, manufacturing, and/or sourcing; undue-influence procedures; and periodic testing plans and test results.

Component-Part Rule

In certain circumstances, a manufacturer can meet its testing and certification requirements by relying upon testing or certification by a component-part manufacturer, or another party's finished product testing or certification. Reliance upon a test procured by another is not acceptable unless the component part or finished products are traceable, and both the testing parties and the party conducting the test are identifiable.

IMPLICATIONS AND GUIDANCE

It is anticipated that many U.S. importers of children's products will require their international suppliers to comply with the new testing and certification rules. Thus, for imported products, the burden likely will shift to overseas factories to conform to the new rules, thereby reducing the increased burdens of compliance for U.S. importers, but possibly increasing the costs of imported goods. Domestic manufacturers do not have a corresponding way to shift their associated burdens, and the costs of domestically manufactured goods may also rise due to the increased regulatory burdens.

It is recommended that importers and domestic manufacturers alike categorize their products to determine the standards and requirements applicable to each product category. Then, it is important to develop periodic, continuing testing protocols and supplier requirements that are committed to writing and followed. If any change is made to the manufacturing process during the life of the product, firms will need to factor in the additional time and costs associated with retesting of those products to ensure compliance.

Manufacturers should also maximize all available means to reduce testing costs. For example, a manufacturer should consider (1) whether it qualifies for exemptions as a small-batch manufacturer; (2) whether its products really are "children's products," and if they are, whether they are exempt from certain testing requirements (i.e., certain natural materials are exempt from lead and phthalate testing); and (3) whether it is maximizing "component" testing/certification.

LOOKING FORWARD

On October 10, 2012, the CPSC voted to direct agency staff to further investigate nine recommendations that would reduce the burden of third-party testing under the anticipated rules. These recommendations include investigating various issues, such as the feasibility of developing a list of materials determined not to contain prohibited elements.

Although the results of the Commission's efforts to reduce costs may ultimately benefit those firms affected by these proposed changes, the introduction of these efforts at this late stage adds additional uncertainty and difficulty to the anticipation of changes that must be made in the near future. Even if some of these recommendations are implemented, 2013 will bring significant new burdens to the manufacturers and importers of children's products. While the CPSC has stated that it hopes the new rules will "clarify the options upon which firms can base their certifications," civil fines-and potentially even criminal penalties or asset forfeiture-may result for those who fail to comply.

* * *

Morrison & Foerster has closely followed the CPSIA as it evolved in Congress and was ultimately signed into law in 2008. We have since advised a variety of clients on its implementation and helped them keep abreast of developments emanating from the CPSC. In addition, we regularly represent children's and consumer product companies, as well as trade associations, and assist them with a variety of legislative, regulatory, administrative-enforcement, and litigation matters.

Contact:

Linda Lane
+1 (858) 720-7989
llane@mofo.com

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations. Prior results do not guarantee a similar outcome.

page up