イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2013. 08.23

【ニュースレター】 英国贈収賄法が現実のものに?

マックス・オルソン ジェームズ ハフ ルイーズ・ストゥープ スティーブン E. コマー 浅地 正吾
寺澤 幸裕 矢倉 千栄


PDF版こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 ケヴィン・ロバーツ/ジャロッド G. テイラー/ダンカン・グリーブ

2013年8月14日に、重大不正捜査局(SFO)は英国人3名を2010年英国贈収賄法に基づく罪で起訴した。これはSFOが贈収賄事件を訴追する初めてのケースである。この一例だけでは傾向を断定できないものの、今回の訴追はSFOによる贈収賄法の積極的な執行の開始を示している可能性がある。この見方は、強硬派で訴追主導型を好むSFO現局長であるディビッド・グリーン氏の姿勢とも合致する[1]

起訴事実

SFOは、「持続可能(sustainable)」関連商品への投資を専門とする投資会社の前CEO及び会計監査役ならびに同社に関係する独立のフィナンシャルアドバイザーを「2010年贈収賄法第1条第1項及び第2条第1項に違反して金銭的利益を提供及び受領した」罪で起訴した[2]。贈収賄法第1条はいかなる者への贈賄も犯罪行為とみなし、第2条は収賄を犯罪行為とみなしている。今回の贈収賄に関する容疑は、「バイオ燃料」関連の投資商品を英国投資家に宣伝・販売する際の虚偽表示による詐欺や虚偽情報の提供において共謀した容疑と併せて起訴されたものだ。この訴追から分かるように、贈収賄法は既存の刑法の強化・補完を意図して制定されたものである。本件における犯罪の組み合わせは、贈収賄がしばしば他の不正行為と平行して行われることを気づかせてくれるといえる。

贈収賄に関する起訴事実の具体的内容については未だ開示されていない。少なくとも現時点(2013年8月15日、執筆時)では、この投資会社自体は起訴されないようである。これは、持ち株会社グループが2012年3月に英国倒産法に基づく管財手続(administration)に付され、罰金の回収が困難であるという実務的な事情に起因している可能性がある。

また、起訴事実には、外国公務員に対する贈賄を禁ずる贈収賄法第6条の違反が含まれていない。とすると、問題視された贈収賄は、純粋に民間企業及び/又は国内公務員を対象とするものだと推測できる。本件の事実関係が公けになれば、SFOが贈賄法執行につき何を優先させているかを知る手がかりになるかもしれない。

背景

英国贈収賄法は、2年以上前の2011年7月に施行され、「世界において最も厳格で適用範囲が広い腐敗防止法の一つ」と評された。域外適用の範囲が広いこと、法人の刑事責任の規定があること及び懲罰が重いことなどがその理由である。当時SFOは、ビジネスと引き換えにリベートその他の勧誘を受諾することに対して「容赦なしのアプローチ」を取ることも約束した[3]

しかしながら、昨日(2013年8月14日)に至るまで、SFOは同法に基づき何者も訴追したことがなかった。英国では過去に他の政府機関が3件の贈収賄法事件を訴追していたが、これらの事件は同法が抑止・処罰することを想定していた法人による贈収賄に関するものではなかった。1件目は、交通違反切符(traffic summons)を裁判所のデータベースに登録しないことと引き換えに500ポンドを受け取った行政裁判所事務官に関するもの。2件目は、運転免許交付に携わる係官への贈賄を試みたタクシー運転手に関するもの。そして3件目は、ある大学生が教授に対し、合格点と引き換えに5,000ポンドの支払いを申し出たというものだ。
昨日の起訴は、SFOによるものであったのみならず、同法が成立した時点で当初想定していた種類の事件に端を発した初めてケースでもあった。

まとめ

これまで、SFOが行動を起こさないことは関心の低さを示すものだとする向きもあったが、モリソン・フォースターのFCPA・腐敗防止タスクフォースの共同統括者であるポール・フリードマンが先頃Wall Street Journal紙に語った[4]とおり、今回の訴追は「しばしの静寂の終焉」を知らせるものである。実際、「しばしの静寂」は、ある人々が推測していたほど意味のあることではなかった可能性が高い。英国贈収賄法は遡及的効力を持たないため、2011年7月1日以降に発生した行為のみに適用される。したがって、SFOが直ちに重大事件について起訴を行うことは不可能であった。2013年の6月と7月には、複数のSFO職員により、SFOが別の贈収賄事件の捜査を進めていることが明らかになっている。

2012年には、SFOは英国贈収賄法に先立つ法令に基づく増収賄事件を捜査して有罪判決を獲得し、汚職との戦いが常に優先することを示した[5]。今回の事件により、SFOが今後も機会あるごとに贈収賄法上の事件を提起することに疑いの余地はほぼなくなった。とは言え、SFOの贈収賄法執行における優先事項が何か、また、同法の広範な文言を裁判所がどのように解釈するかについては、現時点では不明である。

贈収賄法の執行に関してSFOが起き上がった可能性を考えれば、本件は英国で事業を展開する多国籍企業への警鐘とみるべきである。企業は、各自の腐敗防止法コンプライアンスプログラムを確認し、贈収賄その他関連の罪を防止及び検知するための適切な手続を確立する必要がある。

脚注

[1] Nick Kochan著「Fraud squad's new bruiser」(2012年11月7日付The Independent紙(http://www.independent.co.uk/news/business/analysis-and-features/fraud-squads-new-bruiser-8290051.htmlにて閲覧可能。)

[2] SFOの2013年8月14日付プレスリリース「Four charged in "bio fuel" investigation」(http://sfo.gov.uk/press-room/latest-press-releases/press-releases-2013/four-charged-in-%27bio-fuel%27-investigation.aspxにて閲覧可能。)

[3] :Richard Wachman/Larry Elliott著「Serious Fraud Office promises crackdown on firms offering bribes abroad」2010年10月10日付The Guardian紙参照。(http://www.theguardian.com/law/2010/oct/10/serious-fraud-office-bribery-crackdownにて閲覧可能。)

[4] Samuel Rubenfeld著「SFO Files First Criminal Charges under Bribery Act」2013年8月14日付Wall Street Journal Onlinehttp://blogs.wsj.com/riskandcompliance/2013/08/14/sfo-files-first-criminal-charges-under-bribery-act/で閲覧可能。)

[5] 詳細については、ケヴィン・ロバーツ/ダンカン・グリーブ著クライアント・アラート「UK Serious Fraud Office Focuses on Overseas Corruption with Rolls Royce Investigation」(2012年12月10日 http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/121210-UK-Serious-Fraud-Office-Rolls-Royce-Investigation.pdfにて閲覧可能)(日本語参考訳 「英国重大不正捜査局、ロールス・ロイスの捜査で海外腐敗行為に重点」http://www.mofo.jp/topics/legal-updates/tlcb/20121219.html)及びケヴィン・ロバーツ/ダンカン・グリーブ著クライアント・アラート「SFO Obtains Convictions in Private Sector Oil and Gas Corruption Case」(2012年2月16日 http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/120216-SFO-Obtains-Convictions-in-Private-Sector-Oil-and-Gas-Corruption-Case.pdfにて閲覧可能)を参照。

モリソン・フォースターのFCPAおよび腐敗防止タスク・フォースに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

 

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com
  ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P.LEVISON
 
シンガポール 
SINGAPORE
+65 6922 2041
dlevison@mofo.com
  ジェームズハフ 
JAMES E. HOUGH 
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
jhough@mofo.com 
  ティモシー W. ブレークリー
TIMOTHY W. BLAKELY

香港
HONG KONG
+ 852 2585 0870
tblakely@mofo.com
             
ランダル J. フォンズ
RANDALL J. FONS
デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
  カールH. ローエンソン Jr.
CARL H. LOEWENSON, JR.

ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
  ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS
ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
  アダム S. ホフィンガー
ADAM S. HOFFINGER 
ワシントン D.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6924
ahoffinger@mofo.com  
             
ルティ スミスライン
RUTI SMITHLINE
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 336-4086
rsmithline@mofo.com
  リック ヴァスラ
RICK VACURA
ノーザン・バージニア
NORTHERN VIRGINIA
+1 (703) 760-7764
rvacura@mofo.com
  シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com
  ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO

ワシントンD.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

UK Bribery Act Comes To Life?

By Kevin Roberts, Jarod G. Taylor and Duncan Grieve

On August 14, 2013, the Serious Fraud Office (SFO) charged three British nationals with offenses under the UK Bribery Act 2010. This is the first Bribery Act prosecution brought by the SFO. While it is impossible to discern a pattern from one action, this prosecution may indicate the beginning of active enforcement by the SFO. This interpretation is consistent with the uncompromising, prosecution-led stance favored by the current Director of the SFO, David Green.[1]

THE CHARGES

The SFO charged the former CEO and Financial Controller of an investment company specializing in investments in "sustainable" products, as well as an Independent Financial Advisor associated with the company, with "making and accepting a financial advantage contrary to Section 1(1) and 2(1) of the Bribery Act 2010."[2] Section 1 of the Bribery Act criminalizes bribery of any person. Section 2 criminalizes accepting bribes. The bribery-related charges were brought in addition to charges of conspiracy to commit fraud by false representation and to furnish false information in connection with the promotion and selling of "bio fuel" investment products to UK investors. As can be seen in this prosecution, the Bribery Act was designed to bolster and complement existing criminal laws. The combination of offenses in this case serves as a timely reminder that bribery offenses frequently occur in tandem with other acts of dishonesty and wrongdoing.

The specific conduct underlying the bribery-related charges has not yet been disclosed. At least for now, it appears that the investment company itself will not be prosecuted. This may be a practical matter relating to difficulties in recovering fines against the holding group of companies, which were placed into administration under UK insolvency legislation in March 2012.

Further, the charges did not involve Section 6 of the Bribery Act, which criminalizes bribery of foreign public officials. On that basis, we can speculate that the bribery at issue was purely commercial and/or domestic. As the facts of this case become publicly known, they may help shed some light on the SFO's enforcement priorities.

THE CONTEXT

The Bribery Act came into force more than two years ago, in July of 2011. The new law was described as one of the most draconian and far-reaching pieces of anti-corruption legislation in the world. This was due to, among other reasons, its broad extra-territorial reach, provisions for corporate criminal liability, and high penalties. At the time, the SFO also promised to take a "zero-tolerance approach" to kickbacks and other inducements given in exchange for business.[3]

Until yesterday, however, the SFO had not prosecuted anyone under the Act. Other agencies in the UK had prosecuted three cases under the Bribery Act, but those cases did not involve the corporate bribery that the Act was expected and largely intended to deter and punish. The first case involved an administrative court clerk who accepted £500 in exchange for not entering a traffic summons in a court database. The second involved a cab driver who attempted to bribe a licensing officer. The third involved a university student who offered his professors £5,000 in exchange for a passing grade. Not only were yesterday's charges brought by the SFO, but they were also the first to stem from the type of case expected when the Act was first enacted.

TAKEAWAYS

Although some had speculated that the SFO's lack of action indicated a lack of interest, this prosecution signals "the end of the quiet spell," as recently noted by Paul Friedman, co-chair of Morrison & Foerster's FCPA + Anti-Corruption Task Force, in the Wall Street Journal.[4] In fact, it is likely that the "quiet spell" was never as significant as some may have speculated. The Bribery Act has no retroactive effect, so it only applies to conduct that occurred after July 1, 2011. It was therefore impossible for the SFO to bring significant charges immediately. SFO officials made clear in June and July 2013 that the SFO has other Bribery Act investigations in progress.

In 2012, the SFO investigated and obtained convictions for bribery under the laws preceding the Bribery Act, showing that fighting corruption has always been a priority.[5] This case leaves little doubt that the SFO will continue to bring cases under the Bribery Act as the opportunity presents itself. It remains to be seen, however, what the SFO's enforcement priorities will be and how courts will interpret the broad language of the Act.

Given the potential awakening of the SFO with respect to enforcement of the Bribery Act, this case should serve as a wake-up call for multinational companies conducting business in the UK. Companies should evaluate their anti-corruption compliance programs and ensure that they have adequate procedures in place to prevent and detect bribery and related offenses.

FOOTNOTES

[1] Nick Kochan, "Fraud squad's new bruiser," The Independent, Nov. 7, 2012, available at http://www.independent.co.uk/news/business/analysis-and-features/fraud-squads-new-bruiser-8290051.html.

[2] SFO Press Release, "Four charged in 'bio fuel' investigation," dated Aug. 14, 2013, available at http://sfo.gov.uk/press-room/latest-press-releases/press-releases-2013/four-charged-in-%27bio-fuel%27-investigation.aspx.

[3] See, e.g., Richard Wachman and Larry Elliott, "Serious Fraud Office promises crackdown on firms offering bribes abroad," The Guardian, Oct. 10, 2010, available at http://www.theguardian.com/law/2010/oct/10/serious-fraud-office-bribery-crackdown.

[4] Samuel Rubenfeld, "SFO Files First Criminal Charges under Bribery Act," Wall Street Journal Online, Aug. 14, 2013, available at http://blogs.wsj.com/riskandcompliance/2013/08/14/sfo-files-first-criminal-charges-under-bribery-act/.

[5] For more information, see Kevin Roberts and Duncan Grieve, "UK Serious Fraud Office Focuses on Overseas Corruption with Rolls Royce Investigation," Client Alert (Dec. 10, 2012), available at http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/121210-UK-Serious-Fraud-Office-Rolls-Royce-Investigation.pdf; Kevin Roberts and Duncan Grieve, "SFO Obtains Convictions in Private Sector Oil and Gas Corruption Case," Client Alert (Feb. 16, 2012), available at http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/120216-SFO-Obtains-Convictions-in-Private-Sector-Oil-and-Gas-Corruption-Case.pdf.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations. Prior results do not guarantee a similar outcome.

page up