イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2013. 12.26

【ニュースレター】 連邦巡回区控訴裁判所が特許侵害の誘引に対する国際貿易委員会(ITC)の権限を制限

マックス・オルソン ジェームズ ハフ ルイーズ・ストゥープ スティーブン E. コマー 浅地 正吾
寺澤 幸裕 矢倉 千栄


PDF版こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

(執筆者) G. ブライアン ビュシー/カーク A. シグモン

2013年12月13日、連邦巡回区控訴裁判所は、Suprema v. International Trade Commission事件に対する判断を公表した。同判断は、米国特許の侵害を誘引するものの、未だ直接的に侵害しているとはいえない輸入品に対する国際貿易委員会(「ITC」)の権限を大幅に制限するものである。同判断により、輸入業者がITCの排除命令を回避することを許容する抜け道が作り出される虞があり、また、方法特許権者にとってITC訴訟の有用性を著しく制限される可能性がある点で同判断は重要なものといえる。

Suprema事件において連邦巡回区控訴裁判所は、韓国企業Supremaの指紋スキャナーは、米国に輸入され、米国企業Mentalixが製造するソフトウェアと組み合わされて初めて特許を侵害することになるため、ITCには当該スキャナーに対し排除命令を発する権限がない旨判示した。本判決の多数意見によると、合衆国法典第19編第1337条(19 U.S.C. § 1337)(「米国関税法第337条」)に抵触するのは「有効かつ執行可能な米国特許を侵害する...物品」であることから、ITCは「輸入時に既に侵害状態にある」物品に対してその権限を行使できるのであって、合衆国法典第35編第271条(35 U.S.C. § 271)(「米国特許法第271条」)(b)に基づく輸入後の侵害に該当する可能性がある物品に対してその権限を行使できないとする。つまり、米国特許法第271条(b)上の侵害の誘引は、侵害に対する誘引及び直接的な侵害の両方が認められるまで「完了」しないため、ITCは、米国特許の侵害を誘引するものの未だ直接的に侵害しているとはいえない輸入品に対しては何ら権限を有しないとする。

Suprema事件において、ある物品が非侵害用途を有しない場合、当該物品の輸入は寄与侵害を構成することにより、米国関税法第337条違反となる可能性があるとされている点は興味深い。ゆえに、多数意見は、ITCにおいて特許権者が寄与侵害の法理を追及する選択肢を残しているようにみえる。

Suprema事件が、Matter of Certain Electronic Devices事件(337-TA-724)における、ITCは間接侵害に係る請求を審理する権限があるとの同委員会の判断(2011 ITC LEXIS 2869 (Dec. 21, 2011))を覆したと思われる点は重要である。Electronics Devices事件においてITCは、あるコンピュータが輸入後に方法クレームを実施した場合、原告は、米国特許法第271条(a)及び米国関税法第337条の違反を立証し得ないと判示する一方、原告主張の根拠となる直接侵害が輸入後に生じた場合において、当該輸入品と関連性のある間接侵害を立証することで米国関税法第337条違反はなお成立する可能性を残していた。少なくとも誘引行為については、ITCにおいてかかる手段はなくなったと思われる。

強力な反対意見として、Reyna判事は、Suprema事件における多数意見の判断は特許権者に対し重大な問題を生じさせる虞があると主張した。Reyna判事は、多くの方法特許はエンドユーザーによってのみ侵害されるため、特に、既にITCが米国特許法第271条(a)(「米国内での...使用」を要件とする。)に基づく方法クレームの直接侵害に関する主張を審理することを拒否していることを理由に、多数意見の判断は方法特許がITCにおいて執行の対象となるのを禁止するに等しいと指摘した。また、Reyna判事は、多数意見は、ITCの権限を「既に」侵害している物品に限定することにより、輸入業者が「特許を受けた機械の分解された部品又は特許を受けた方法のほぼ全ての手順を実施可能な物品を輸入し、米国のエンドユーザーに最後の部品の最終的な組立てや最後の手順の実施を委ねること」を許容する法の抜け道を作り出したとも述べている。

特許権者には自らの権利を守る多くの方法があるため、かかる抜け道がどの程度利用されるかは定かではない。上記のとおり、Suprema事件は、ITCが米国特許法第271条(c)(同項は、「実質的な非侵害用途を有する主要品目又は貿易品目」に該当しない特許発明の重要な部品の故意の輸入を禁じる。)に基づく寄与侵害を根拠に排除命令を発することは許容している。また、米国特許法第271条全体を執行する地方裁判所における特許権者の救済措置はこれまでと変わらない。したがって、Suprema事件は、ITCに提訴する者が米国特許法第271条(c)に大いに依拠することだけでなく、特許権者がITCではなく地方裁判所に方法クレームを提訴することを奨励しているといえるかもしれない。

コンタクト:

G. ブライアン ビュシー
パートナー
ワシントンD.C.
+1 (202) 887-1504
gbusey@mofo.com

マックス・オルソン
パートナー
東京
81 3 3214 6522
aolson@mofo.com

ロバートJ. ホリングスヘッド
パートナー
東京
81 3 3214 6522
rhollingshead@mofo.com

ルイーズ・ストゥープ
パートナー
東京
81 3 3214 6522
lstoupe@mofo.com

ジェームズ ハフ
パートナー
東京
81 3 3214 6522
jhough@mofo.com

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

Federal Circuit Limits ITC Power over Induced Infringement

By G. Brian Busey and Kirk A. Sigmon

On December 13, 2013, the Court of Appeals for the Federal Circuit released an opinion in Suprema v. International Trade Commission that significantly restricts the scope of the International Trade Commission ("ITC")'s power over imported articles that induce infringement ofbut do not yet directly infringea United States patent. This decision is important because it may create a loophole that allows importers to avoid ITC exclusion orders and may significantly limit the usefulness of ITC litigation for method patent holders.

In Suprema, the Federal Circuit held that the ITC lacked the authority to issue an exclusion order against fingerprint scanners manufactured by Korean company Suprema because their scanners were only infringing after importation into the United States and only after being combined with software made by United States company Mentalix. According to the panel majority, because 19 U.S.C. § 1337 ("Section 337") is violated by "articles that . . . infringe a valid and enforceable United States patent," the ITC may only exercise its power against articles that are "already in an infringing state at the time of importation," not those that may infringe post-importation under 35 U.S.C. § 271(b). In other words, inducement of infringement under Section 271(b) is not "completed" until there has been both inducement to infringe and direct infringement, and thus the ITC has no power over imports that induce infringement but do not yet directly infringe.

Interestingly, under Suprema, if an article is not capable of non-infringing uses, its importation may constitute contributory infringement and therefore violate Section 337. The panel majority thus appears to leave open the option of a patent holder pursuing a contributory infringement theory at the ITC.

Importantly, Suprema appears to overrule In the Matter of Certain Electronic Devices, 337-TA-724, where the Commission concluded that it had the authority to entertain indirect infringement claims. 2011 ITC LEXIS 2869 (Dec. 21, 2011). In Electronics Devices, the Commission held that the plaintiff could not establish a violation of Section 271(a) and Section 337 where a computer practiced a method claim after importation. The Commission did, however, hold out the possibility that a violation of Section 337 could still be established by showing indirect infringement in connection with imported articles where the predicate direct infringement occurred after importation. That option, at least for inducement, no longer appears viable at the ITC.

In a vigorous dissent, Judge Reyna argued that the panel majority's holding in Suprema may create significant problems for patent holders. As many method patents are infringed only by an end-user, Judge Reyna noted that the panel majority's holding may all but prohibit method patents from being enforced in the ITC, especially since the ITC already refuses to entertain allegations regarding the direct infringement of method claims under Section 271(a) (which requires "use . . . within the United States"). Judge Reyna also noted that, by limiting the ITC's power to articles that "already" infringe, the panel majority has created a loophole that may allow importers to "import disassembled components of a patented machine, or import an article capable of performing almost all of the steps of the patented method, but reserve final assembly of the last part or performance of the last step for the end-user in the United States[.]"

The degree to which this loophole will be used remains to be seen, as patent holders still have numerous ways in which they can protect their rights. As discussed above, Suprema still allows the ITC to issue exclusion orders based upon contributory infringement pursuant to Section 271(c), which prohibits the knowing importation of a material component of a patented invention that is not a "staple article or commodity of commerce suitable for substantial noninfringing use[.]"

Moreover, patent holders' remedies in district courts, which enforce the entirety of Section 271, remain unchanged. Thus, Suprema may not only encourage litigants in the ITC to heavily rely on Section 271(c), but it may also encourage patentholders with method claims to file in district court rather than the ITC.

Contact:

G. Brian Busey
Partner
Washington D.C.
+1 (202) 887-1504
gbusey@mofo.com

Max Olson
Partner
Tokyo
81 3 3214 6522
aolson@mofo.com

Robert J. Hollingshead
Partner
Tokyo
81 3 3214 6522
rhollingshead@mofo.com

Louise C. Stoupe
Partner
Tokyo
81 3 3214 6522
lstoupe@mofo.com

James E. Hough
Partner
Tokyo
81 3 3214 6522
jhough@mofo.com

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations. Prior results do not guarantee a similar outcome.

page up