イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2008. 12.16

欧州-クラス・アクション: 米国の次なる輸出品となるか?

Tokyo Litigation Client Bulletin

東京訴訟部
マックス・オルソン  マーク・ダーニー  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン


PDF版はこちら
Please click
here for English version.

(参考訳)

執筆者 アラン・オウエンズ
 ウィル・スターン

欧州連合の多くの国々では、米国式のクラス・アクション制度は良いアイデアであると考えられており、採用の検討も進んでいます。しかし、米国、カナダまたはオーストラリアの弁護士に馴染みのあるクラス・アクションの手続を現在採用しているのは、ポルトガルとオランダのみです。この状況が変わる可能性があります。

11月27日、欧州委員会から、「消費者の集団的救済に関するグリーンペーパー」が発行されました。この提案書によると、欧州連合の消費者は、集団訴訟を提起する広範な権限を付与される可能性があります。実際、諸外国に負けじと、同提案書では、「クラス・アクション」訴訟に対して公的資金援助を与える提案も含まれています。

これとは対照的に、オーストリア、フランス、スペイン、スウェーデン、ドイツおよび英国では、個別の賠償請求のために集団訴訟の利益を享受しようとする者は、通常は開始時から訴訟へのオプト・インを行うことにより、積極的に立場を明らかにしなければなりません。したがって、通常、どの「クラス」においても参加率は低く、結果的として、多くの訴訟はまず開始されません。

現在検討中のフランスのシャテル産業・消費担当大臣の提案では、これら2つの選択肢の中間を取っています。消費者は、一定の基準以下の場合、自動的に集団訴訟に参加することになりますが(オプト・アウト型制度の要素)、当該基準以上の場合、集団訴訟にオプト・インするためには自ら行動を起こさなければなりません。デンマーク司法運営委員会の報告書では、これと同様のスタンスがとられています。つまり、「オプト・イン」型のモデルの提案ですが、少額の損害賠償請求しか可能ではありません。

フランス、ドイツ、イタリア、スウェーデン、オーストリア、オランダ等の主要各国においては、最近、集団訴訟を(より)実行可能なものにすべく、この分野の法制度改革を既に行ったか、または行おうとしています。英国では、政府が、法的手続の一つとして集団訴訟を推奨した民事司法評議会の報告書を検討中です。

(欧州連合の政策に合致するのですが)消費者が国境を越えてEU域内から購入する傾向が強まるなかで、集団訴訟へのアプローチ、適用、利用および改革案に関する加盟国間のばらつきがあることが、グリーンペーパーを推進する大きな原動力です。欧州連合は、加盟国の消費者に対し何らかの一貫したルールを設けることに意欲的ですが、それぞれ何百年もかけて法制度を発展させ、しかも多くの場合、当事者適格、損害賠償および司法調査に対する全く異なるアプローチを取る多数の国が加盟しているため、事態は困難を極めています。

欧州連合においてビジネスを行う者にとっても不安はあります。グリーンペーパーでは、事業者が、実体のない請求、懲罰的損害賠償または過大なコストの負担を被らないよう、必要な防衛手段を講じる必要性について具体的に言及しています。同ペーパーは、ADR、少額裁判所および業界のオンブズマン制度よりもクラス・アクションを奨励するものではありませんが、クラスアクションもきちんと取り上げています。

この立場を取ることにより、欧州委員会は、(不完全ではあるにせよ)同委員会の中間的なアプローチを受け入れるか、または、より過激な結論が出て、各加盟国が異なる制度を採るようになるというリスクを覚悟の上で、同委員会の提案に異議を唱えるかという問いを、産業界に対して投げかけています。

2009年3月1日までグリーンペーパーに関するコメントの受付が行われており、当事務所もコメントを提出する予定です。グリーンペーパーのハードコピーまたはソフトコピーがご入用の場合は、ご連絡下さい。当事務所の英国、ブリュッセルおよび米国のエキスパート・チームが、貴社のビジネスに与える影響を理解するための助けとなり、この重要な場面において委員会に対して直接意見を表明するお考えであれば、そのサポートをいたします。

本件その他消費者団体訴訟に関する詳細な情報については、ロンドン・オフィスのアラン・オウエンズ(AOwens@mofo.com)、サンフランシスコ・オフィスのウィル・スターン(WStern@mofo.com)もしくはペネロペ・プレヴォロス(PPreovolos@mofo.com)または東京オフィスのマーク・ダーニー(MDanis@mofo.com)もしくはダニエル・レヴィソン(DLevison@mofo.com)までご連絡ください。


Euro-Class Actions: The Next U.S. Export?

by Alan Owens
William L. Stern

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

Many in the European Union believe that U.S.-style class actions are a good idea -- so much so that they are thinking of adopting them. Currently, however, only Portugal and the Netherlands have class action procedures that might be familiar to practitioners in the U.S., Canada or Australia. That may change.

On November 27, the European Commission issued its "Green Paper on Consumer Collective Redress." Under those proposals, EU consumers could be given broad new powers to file collective actions. Indeed, not to be outdone by their overseas counterparts, the Commission's proposals include a suggestion that "class action" lawsuits could be publicly funded.

By contrast, in Austria, France, Spain, Sweden, Germany, and the UK, those who wish to benefit from a collective action for individual damages must affirmatively declare their position by opting into the collective action, usually from the outset. This routinely means that the take-up in any "class" is low and as a result many actions never begin.

The French "Chatel" proposal currently under consideration takes the middle ground between these two options: under a certain threshold, consumers are automatically associated (an element of an opt-out system); above that threshold, the consumer has to take steps to opt in. A similar stance can be found in the report of the Danish Administration of Justice Committee: an "opt in" model is proposed, however, where only minor damages can be claimed.

Major jurisdictions, such as France, Germany, Italy, Sweden, Austria, the Netherlands, and others, have recently adopted or are about to adopt legislative reform in this field generally towards making collective actions (more) feasible. In the UK, the government is considering the Civil Justice Council Report, which recommended class action as part of the procedural legal landscape.

It is the degree of variation across the EU, in approach, application, use, and proposed reform that is a significant driving force behind the Green Paper, where (consistent with EU policy) consumers are increasingly purchasing from across the Member States. The EU is keen to provide some sort of consistency for its consumers, but that is hugely difficult across so many different Member States, each with hundreds of years of legal development, and often underpinned by wholly different approaches to standing, damages and judicial inquiries.

There are, of course, tensions for those who do business in the EU. The Green Paper does specifically reference the need to provide for necessary safeguards so as not to burden business with unmeritorious claims, punitive damages, or excessive costs. It does not promote class actions above alternative dispute resolution techniques, small claims courts, and industry ombudsmanship but does firmly put the class action on the menu.

By taking this position, the Commission has challenged businesses to either embrace the Commission's middle-ground approach (however imperfect) or oppose these proposals at the risk of the emergence of more radical outcomes, enforced differently by individual Member States.

Comments on the Green Paper can be submitted until March 1, 2009, and the Firm plans to submit comments. If you would like a hard or soft copy of the Green Paper, please get in touch. Our expert teams in the UK, Brussels, and the U.S. can help you understand the ramifications for your business, and assist in any direct representations you may wish to make to the Commission at this critical stage.

For further information on this topic and other consumer litigation matters, please contact, in the London office, Alan Owens at AOwens@mofo.com, in the San Francisco office, Will Stern at WStern@mofo.com or Penelope Preovolos at PPreovolos@mofo.com, or in the Tokyo office, Mark Danis at MDanis@mofo.com or Dan Levison at DLevison@mofo.com.

page up