イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Press Release

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2012. 03.27

【その他】 東日本大震災支援の継続について-1年を振り返って

2011年3月11日に発生した東日本大震災へ支援活動を始めてから一年が経過したことを受けて、2012年3月23日(金)にセカンドハーベスト・ジャパン事務局長の大竹正寛氏をお招きし、被災地でのセカンドハーベスト・ジャパンの活動と被災地の現状についてお話いただきました。

また、モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所/伊藤 見富法律事務所In-Kind Donation Teamの2011年の活動報告と今後の展望についてご報告させていただきました。

当日は、チャリティービュッフェとして、有志が作った食べ物と東北の旬の食材を所内で販売し、売上金をセカンドハーベスト・ジャパンの東北支援活動に対する義援金とさせていただきました。

上記の活動に加えて、4月にはボランティア有志による5回目の一泊二日でのボランティア活動を宮城県気仙沼市において行う予定です。

当事務所では震災発生後より積極的な継続支援を行い、義援金だけでなく、支援物資(インスタント食品、缶詰、飲料、調味料、日用品、肌着や季節の衣類等)をセカンドハーベスト・ジャパンをはじめ、各被災地域、また各支援団体へ寄贈させていただくとともに、実際に現地でのボランティア活動についても地道に取り組んでおります。所内では、月に一度、有志が作ったお菓子類のチャリティー販売を行い、毎回多くの弁護士、職員が買い求め、その売上金のすべてを支援団体に寄付させていただいております。

引き続き職員一同全力を挙げて、できる限りの支援を様々な方面から行ってまいります。

モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所/伊藤 見富法律事務所
モリソン・フォースター税理士法人事務所
広報・マーケティング部: tokyomarketing@mofo.com

 

 3.23.2012 Event picture 3.png

 

page up