イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Publications

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2008. 11.11

米国連邦第2巡回区控訴裁判所、外国発行会社の証券訴訟について判断

米国連邦第2巡回区控訴裁判所、外国[1]発行会社の証券訴訟について判断

本稿は執筆者個人の見解に関わる部分があり、当事務所の意見を代表するものではありません。また、本ニュースレターがご提供する情報は一般的なもので、個別の事案に対して適用されることを保証したり、解決を提供するものではありません。


PDF版はこちら
Please click here for English version.

ジャック C. アウスピツ
ジョエル C. ヘムズ
ジョナサン・ロスバーグ

2008年10月23日、第2巡回区控訴裁判所は、非米国公開会社に対し影響の大きい、米国証券法の域外適用に関する重要な判断を示した(Morrison v. National Australia Bank, Ltd. (モリソン対ナショナル・オーストラリア銀行)事件、No.07-0583-cv (2d Cir. 2008))。モリソン事件は、いわゆる「foreign-cubed」訴訟(外国人原告らが外国の証券取引所で外国会社の株式を購入した有価証券に関する訴訟)について、第2巡回区控訴裁判所が初めて審理したものである。

ナショナル・オーストラリア銀行(「NAB」)の普通株式を米国外で購入したモリソン事件の原告らは、NAB普通株式の非米国購入者のクラスを代表することを求め、NABがその財務状況について虚偽記載を行ったとの主張を根拠に、米国証券法違反にかかる米国有価証券クラスアクションを提起した。当該原告らの主張は、NABの虚偽記載(米国子会社の会計に関するもの)は米国証券法上の証券詐欺に相当し、同法の適用を受けるというものである。NABはメルボルンに本社を置き、オーストラリア法に基づき設立された公開会社であり、その普通株式はオーストラリア証券取引所、ロンドン証券取引所、東京証券取引所およびニュージーランド証券取引所に上場している。NAB株式は米国の証券取引所では取引されていないものの、米国で上場している米国預託証券(American Depository Receipts)を発行している。連邦地方裁判所は、事物管轄権を欠いているとして外国人原告らの請求を退けた。

控訴審において、第2巡回区控訴裁判所は、かかる状況において外国人被告が米国証券法上の管轄権に服さないとの基準を明確に示すことを求めるNABの要求を退けた。同裁判所は、管轄権があるかどうかの判断に際しては、原告らが主張する詐欺について「行為」と「効果」に着目すべきとの裁判所の伝統的法理を肯定し、その分析の鍵となるポイントは、原因行為が米国内で行われたか外国で行われたかの点、および当該行為の結果、米国の市場または投資家に影響を及ぼしたか否かの点であると説明した。原告らは米国市場では証券を購入していなかったため、同裁判所は、専ら「行為」基準に基づいて本件の分析を行った(同裁判所は本件詐欺行為が「米国の投資家または資本市場に重大な影響を及ぼした」という点について、そもそも原告らからも主張がなかった点を指摘している)。「行為」基準を適用した裁判所は、「虚偽会計は米国内のNAB子会社で生じたのだから、管轄権の判断に際しては当該詐欺行為は米国内でなされたとみなすべき」との原告らの主張を退け、詐欺を構成するのはNABの虚偽記載であり、その基礎となった米国子会社の会計ミスではないため、「詐欺スキームの核心」すなわち「行為」はオーストラリアで行われたと判示した。

注目すべき点は、モリソン事件において裁判所が、外国会社が発行し米国外で外国人投資家が購入した外国証券に関する事件について、管轄を認める余地を残したことである。なぜなら、個々の事件の分析は当該事件における固有の事情に基づいて行われる必要があるためである。

[1] 本稿の原文は米国人の観点から書かれているため、本文中の「外国」は米国外の国を指しています。


Second Circuit Issues Ruling on Foreign Issuer Securities Case

By Jack C. Auspitz
Joel C. Haims
Jonathan Rothberg

On October 23, 2008, the Second Circuit Court of Appeals issued an important decision regarding the extraterritorial application of the U.S. securities laws that will have broad implications for non-U.S. public companies. Morrison v. National Australia Bank, Ltd., No. 07-0583-cv (2d Cir. 2008). The Morrison decision is the first time that the Second Circuit has ever considered what is called a "foreign-cubed" case - a case in which foreign plaintiffs bought shares of a foreign company on a foreign exchange.

The Morrison plaintiffs, who had purchased ordinary shares of National Australia Bank (NAB) outside the U.S., sought to represent a class of non-U.S. purchasers of NAB ordinary shares in a securities class action in the U.S. for violation of U.S. securities laws based on allegations that NAB misstated its financial condition. The plaintiffs claimed that NAB's misstatements, which related to the accounting of a U.S. subsidiary, amounted to securities fraud enforceable under U.S. securities laws. NAB is a public company, headquartered in Melbourne, and incorporated under Australian law. NAB's ordinary stock trades on the Australian Securities Exchange, the London Stock Exchange, the Tokyo Stock Exchange, and the New Zealand Stock Exchange. NAB stock does not trade on any U.S. exchange, but it does have U.S.-listed American Depository Receipts. The District Court dismissed the claims of the foreign plaintiffs for lack of subject matter jurisdiction.

On appeal, the Second Circuit declined the defendant's invitation to issue a bright line ruling that foreign defendants in this situation are never subject to the jurisdiction of the U.S. securities laws. The court instead affirmed its traditional jurisprudence that a court should look at the "conduct" and "effect" of the alleged fraud in determining whether it has jurisdiction. The key inquiry in that analysis, the Court explained, is whether the harm was conducted in the U.S. or abroad and whether it affected domestic markets and investors. Because the plaintiffs had not purchased any securities in the U.S. market, the court only analyzed the case under the "conduct" test (the court pointed out that even the plaintiffs didn't allege that the fraud had "any meaningful effect on America's investors or its capital markets"). Applying the conduct test, the Second Circuit rejected plaintiffs' argument that because the false accounting occurred in the U.S., at NAB's subsidiary, the conduct of the fraud was in the U.S. for the purposes of determining jurisdiction. Instead, the court held that the "heart of the fraudulent scheme," i.e., the conduct, was in Australia because it was the statements of NAB that created the fraud, not the underlying accounting errors of the U.S. subsidiary.

Notably, the Morrison court left open the possibility of jurisdiction over cases involving foreign securities, issued by a foreign company, and bought by foreign investors abroad, because each case will have to be analyzed on its own particular facts.

page up