イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Publications

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2009. 04.30

ゼネラルモーターズの倒産申立に備えて:要検討事項-"Preparing for a General Motors Corp. Bankruptcy Filing: Issues for Your Consideration."(日本語訳)

ゼネラルモーターズの倒産申立に備えて:要検討事項

* Please click here for English version, "Preparing for a General Motors Corp. Bankruptcy Filing: Issues for Your Consideration."

最近の報道によると、ゼネラルモーターズ・コーポレーション(関連会社と併せ、以後「GM」と表記)は、2009年6月1日にも倒産申立をする可能性が高いといわれています。GMによる倒産申立は、「プレ・パッケージ型」であるか否かを問わず、実質的に未曾有の規模、範囲そして複雑さになると思われます。GMの倒産によりもたらされる問題と機会の一部の概要をご説明いたします。
詳細な情報については、本文の末尾記載の当事務所弁護士、または東京オフィスの渡邉 嗣道 (twatanabe@mofo.com )、ランディ・ラクサーrlaxer@mofo.com )までご連絡ください。

(参考訳)

米国財務省(以後、「財務省」)とGMが、2009年6月1日までに「外科手術的な」プレ・パッケージ型チャプター11手続による申立を行う計画を進めていることが先日報道されました。これを踏まえ、本ニュースレターでは、GMが倒産申立を行った場合に多数のクライアント(既存債権者および潜在的投資家を含みます)が直面すると予想される主な問題のいくつかを取り上げます。GMによる倒産申立は、「プレ・パッケージ型」であるか否かにかかわらず、広範な当事者と米国倒産裁判所がかつて扱ったことのない数々の新たな法的問題を巻き込む、過去最大かつ最も複雑な倒産申立になるものと予想されます。GMの倒産申立が必然的にもたらすさまざまな問題にもかかわらず、鍵となる問題を早期に特定・把握したクライアントにとっては、重要な機会となり得る特性が提示されています。

GMの再建計画の詳細は現在交渉中のため、本ニュースレターは、自動車産業関連のさまざまな問題に関する当事務所の総合的知見およびセカンダリーローン市場についての専門知識、ならびにさまざまな法域(米国内外)にわたる「巨大」倒産事件における幅広い専門知識に基づく予備的総括となります。本ニュースレターは法的助言には該当せず、またGMの倒産において生じる可能性のある問題や、当事務所の各クライアントに当てはまる問題のすべてに関する包括的な概要を示すことを意図するものではありません。

占有継続債務者(DIP)ファイナンスに関する問題

政府支援によるDIP

GMによる倒産申立の最大の特徴として、財務省が担う、DIP貸付人(場合によってはDIPローンのストラクチャリングに経験を有するパイプとなる貸付人と共同して)またはDIPローン(総額700億ドルに上る可能性があります)に対する信用補完提供者のいずれかの役割の範囲が挙げられます。米国政府はDIP貸付人として、GMの倒産事件の取扱に係る指示において重要な役割を果たし、GMの再建計画に基づくそのほか一切の共益債権および被担保債権に優先して弁済する必要のある「超優先」債権を付与されます。[1]

「超優先」の地位を得られる以外にも、財務省(およびパイプ役)は料金を徴収できるほか、関連する関連事項や誓約事項など、借入条件の多くを決定することができるものと考えられます。財務省は、抵当のついていないGMの資産(その所在地を問わず、賃借権を含みます)について担保権の付与を求める可能性があります。抵当のついていない資産についてDIP貸付人による無制限の支配を認める条項をDIP契約に盛り込む場合もあります。したがって当事者は、提案されたDIPの仕組みがどのように機能するか、また、ほかの権利付与もしくは質権設定、既存の第三者との合意または適用法の対象である資産(米国内外に所在)に担保設定を求めるか否かを理解することが非常に重要です。

GMの負債をめぐるローン取引関連問題

現在GMの負債の取引を行っている(または米国政府の支援を受けたDIPローンの取引を行う可能性のある)金融機関は、GMのDIPファイナンスについて包括的な理解を要します。これは特に、GMのDIPファイナンスの影響が、GMの負債の取引を継続する能力に及ぶ可能性があるためです。GMのDIPファイナンスが最近の数十億ドル規模の倒産における裁判所の許可を得たDIPファイナンスを参考にしたものであるとすれば、GMのDIPファイナンスにより、GMの既存貸付人はDIPローンの資金提供に参加できるようになる可能性があります。この場合、DIPファイナンスには新規の資金融資とロールアップによる融資の両方の要素が含まれ、既存の適格な貸付人は追加融資を行い、有利な新規条件などDIP貸付人としての一定の恩恵を受けることができるようになります。

DIPファイナンス(先般のLyondell・Aleris間のDIPファイナンス等)における貸付人、代理人およびセカンダリー市場参加者への助言提供の経験に基けば、DIPファイナンスへの参加は、CDO/CLOファンドなど特定の事業体にとっては問題をはらむ可能性があります。GMのDIPファイナンスにおいて既存貸付人(または潜在的な新規投資家)の参加が求められる場合、セカンダリーローン市場の当事者は、申立前債権者としての権利にどのような影響が及ぶ可能性があるかに加え、参加にあたって必然的に生じる障害を取り除くことができるか否かを理解する必要があります。

また、貸付人は、GMのDIPファイナンスにおいて既存の優先順位の高い有担保負債がどう扱われるかも理解する必要があります。GMの倒産申立は、その前例のない性質により、既存および潜在的なDIP貸付人の双方に対し多くの新たな問題を提起します。例えば、DIPファイナンスにおいて既存貸付人の債権は、別の上位トランシェとして扱われるのでしょうか。またDIPファイナンスに関するほとんどの問題について完全な議決権を付与されるのでしょうか。GMのDIPファイナンスのほとんどに対し財務省が資金提供または保証を行う可能性を考慮すると、財務省はGMの倒産事件の舵取りの方法として、GMの既存貸付人(その多くの持分の大半を米国政府が保有する)に対し、どの程度圧力をかけるのでしょうか。ひとつ明らかなのは、DIPファイナンスにおいて提案される優先順位の構造は、どのようなものであれ倒産申立後一定の期間内に公表され、既存貸付人はその権利を守るために警戒しなければならないということです。

清算の問題および買収の機会

GMの二分割

先般の報道によると、財務省は、「GMの優良部門」が政府による50~70億ドルの資金援助を利用して、2週間弱の間のみ倒産法の保護下に留まることにより起こりうる結果を検討しています。無用のブランド、関係会社、工場および医療給付債務を含む望ましからざる資産は「古いGM」に残され、数年間のうちに清算されることとなります。GMの資産が首尾よく分割され得るのか(GMのプラットフォーム、技術および製品の重複を考慮すると)という疑問はさておき、GMの倒産における資産売却は非常にコストがかさむ可能性が高いと考えられます。先般の報道によると、GMの年金制度廃止のための費用の如何によっては、米国政府から700億ドル超の支援が必要となる可能性があります。この計画が確定すれば、古いGMは、「倒産法第363条」における倒産時の一連の資産売却の規定に基づき、早急に資産を売却するという相当な圧力にさらされることとなります。

売却プロセス

363条に定める倒産時の売却は、有形資産、株式、技術、ブランド、その他知的財産等の無形資産の購入に注目している投資家(米国以外の投資家を含みます)にとって絶好の機会となる可能性があります。363条に基づく典型的な売却において、一般に資産は無保証で(但しリーエン、相反利益および請求権のない状態で)現状有姿にて譲渡されます。買主は実際に購入を希望する資産および関連契約のみを購入し、無用な資産は購入しません。例えば、資産は貸付人の担保権やその他大半の債権者の請求権のない形で売却できます(但し、貸付人の担保権は売主の売却益に付着する可能性が高いものと考えられます。)さらに、倒産時の資産売却においては、ほとんどの場合買主は、倒産手続外での売却において生じる可能性がある「承継人の債務」に係る債権を切り離すことができます。但し、すべての債務が切り離されるわけではありません。例えば、特定の種類の環境に関するクレームが関連資産の譲受人に対し提起される場合があります。

363条に基づく典型的な売却において、関心を持っている買主は債務者との間で資産購入契約を締結します。その後債務者は倒産裁判所に契約の承認を求める申立を行いますが、契約承認のための審理前に、競売のような手続において、より高値・好条件での購入申込みが行われる場合もあります。関心のある買主は「ストーキング・ホース」として知られています。通常、ストーキング・ホースの買主は、他の入札者がより高値を付けた場合の補償を目的としたブレークアップ・フィー等、自らのためのさまざまな取引保護について協議します。さらに、ストーキング・ホースの買主は、競争入札の実施方法(競争入札のためのデューディリジェンスに係る制限など)を特定する競売手続について協議します。このような理由から、適当な状況下では、ストーキング・ホースの入札者となることには明白な利点があります。

363条に基づく資産売却の多くは平均して30~45日間で完了しますが、中には90日かかる場合もあります。いずれにせよ、落札者は一般に、購入を希望する資産を最も迅速に評価し、他者からの競争入札に最も迅速に対応することができる買主です(通常は同日中)。実際、戦略に適った機会の特定方法を把握することと、売却プロセスの管理に役立つ強力なツールとして倒産手続を利用することは、363条に基づく資産売却において恩恵を受けるための鍵となります。事前準備は非常に重要です。適切な保護と手続が整っていれば、投資家はGMの倒産において、費用効率が高く比較的迅速な方法で、希望する資産を取得することができます。

年金制度の問題

先般の報道によると、GMの年金制度は2008年末時点で負債が980億ドル、資産が845億ドルと135億ドルの赤字を抱えています。GMの年金制度が廃止されれば、米連邦議会が倒産企業の年金プログラム保護のために1974年に設立した特殊法人・米国年金給付保証公社(PBGC)は立ち行かなくなる可能性があります。GMの倒産事件の解決よりも前にPBGCの救済が必要となってくるおそれがあります。

加入者数で判断すると、GMの年金制度はPBGCへの移管としては最大となるものと考えられます。現在のところ、GMは年金給付の開示や倒産申立に伴って年金制度がどうなるかについての協議を拒否しています。GMが鉄鋼会社の代表的な倒産事例であるLTVコーポレーションなどの過去の倒産事例を参考にしているとすれば、GMは倒産申立後に年金制度についての責任を取り戻し、全米自動車労働組合と新たな条件を協議し、失われた給付金の大半を補償することに合意する可能性があります。[2] 一般債権者にとって、これは、GMが年金制度の廃止を決めた場合、当該廃止に伴う多額の費用はGMの倒産において弁済できない可能性があり、GMはその費用を補うために米国政府またはDIP貸付人による追加の資金援助が必要となるおそれがあるということを意味しています。

サプライヤーの問題

基幹サプライヤーの地位

GMの取引先である債権者およびサプライヤーは、GMの倒産申立により、申立前の請求書の支払に大幅な遅れが生じるのではないかと考える可能性があります。しかしながら、基幹サプライヤー(事業継続に不可欠なサプライヤー)の法理に基づき、GMは、倒産手続開始後一定の期間、特定のサプライヤーについて、かかるサプライヤーが申立後も同等以上の条件でGMに販売を継続することを条件に、GMが倒産申立前の当該サプライヤーの債権(米国内外の債権に適用される)を直ちに支払うことを認めるよう倒産裁判所に求めることができます。

基幹サプライヤーに対する支払にかかる要求は慎重に精査されます。かかる要求が認められた場合、優先順位の低い申立前債権であった当該債権が他の債権に優先され、全額支払がなされることが確実となります。基幹サプライヤーの申立前の債権の支払にかかる要求は、DIP貸付人、無担保債権者委員会その他の利害関係人を含む債権者への通知をもって行われる倒産裁判所の承認を条件とします。裁判所は、これを判断するにあたって、特に下記事項について細かく検討します。すなわち、(i) 当該サプライヤーの契約が倒産申立までに終了しているか否か、または、倒産手続上のオートマティック・ステイにより、当該サプライヤーは、申立前の請求書が不払であるにもかかわらず債務者に対して供給を継続しなければならないか否か、(ii) 当該サプライヤーは、申立前の請求書にかかる債権を満足させるためリーエンを主張できるような重要な製品の提供を受けてそれを保有しているか否か、また、(iii) 当該サプライヤーの管轄権は国外にあって、支払を受けていない場合に供給の継続を強制することはできないか否か。

商品返還請求権

基幹サプライヤーが保護される可能性に加えGMの納入業者も、倒産法の条項のうち2005年に成立した商品返還請求権を優先させる条項を利用する可能性があります。これらの債権は州法に基づき生じ、倒産法546(c)条に準拠します。

商品返還請求権は通常、倒産者の倒産申立直前にかかる倒産者に対し信用取引で出荷された商品の返還を請求する、取引先である債権者の権利を指します。例えば、債務者が支払不能に陥りつつも申立日前45日以内に商品を受領している場合、売主は、当該商品の受領後45日間はその返還を請求できます。この期間が債務者の倒産手続の開始前に満了する場合、売主は申立日の後20日間は商品返還請求権を主張できます。商品の売主は、商品返還請求権の通知を行わなかった場合、申立日前の20日以内に債務者が受領した物品の代金について共益債権(すなわち、倒産裁判所の承認後全額支払われる債権)を主張することができます。したがって、債権者は商品返還請求権により、申立日前の無担保債権について、通常の無担保債権者として受けるよりも良い条件でこれを回収できる可能性があります。

少なくとも、取引先である債権者は、各契約上GM側の当事者(保証人を含む)を特定することができるはずです。商品返還請求権の恩恵を受けようとするのであれば、取引先である債権者は、迅速に行動し、GMがその倒産手続上裁判所の承認を仰ぐ可能性のある具体的な商品返還請求手続(商品返還請求にかかる債権届出が必要であること等)を理解し、該当する物品のGMへの出荷およびGMによる受領について、詳細を正確に記録しておく必要があります。

未履行契約の取扱

倒産法に基づき、GMは負担となる未履行契約を履行拒絶し、有益な未履行契約を引き受ける(場合によっては譲渡も行う)ことにより、財団の価値を保全し、かつ、これを最大化する義務があります。基本的に、未履行契約とは、GMと契約の相手方当事者の双方の義務に多少なりとも未履行があるものです。この例として、雇用契約、保守契約、サービス契約、供給契約、典型的な賃貸借契約およびフランチャイズ契約が挙げられます。[3]

未履行契約(または期間未了の賃貸借)の引受は、債務者が当該契約の条件に基づき継続して義務を負うのと引き換えに当該契約上の権利を享受することを選択する場合に行われます。契約の引受により、債権者の現在および将来の損害請求の地位は、共益債権の優先的地位(全額支払を受けられる地位)にまで高められます。個人的役務契約や知的財産にかかるライセンスに関する一定の状況を除き、未履行契約または期間未了の賃貸借の引受が行われた場合、申立前の支払債務不履行を対処すること、および買主による将来の履行について適切な保証を提供することを条件として、これを第三者に譲渡することも可能です。未履行契約の履行拒絶は、債務者が当該契約を解除し、そのことにより当該契約上の権利を喪失することを選択する場合に行われます。倒産法上、特定期間内に引受または履行拒絶をしなければならない一部の未履行契約(非居住者用不動産の賃貸借契約など)は別として、ほとんどの債務者は再建計画が認可されるか、または363条の売却手続に従って未履行契約が売却されるまで、当該未履行契約の引受または履行拒絶を行いません。

供給契約の履行拒絶

米国、そして世界中のGMのサプライヤーの多くもまた、財政状態は危うい状況です。GMによる申立およびその供給契約の履行拒絶により、これらのサプライヤーは倒産に陥る可能性があります。[4] GMは、自社の物品コストを下げるため、一定の供給契約について再協議または履行拒絶することはできますが、その場合、既にサプライチェーンにのし掛かっている財政圧力を鑑み、供給契約の履行拒絶を決定することで、納入業者を廃業に追い込み、生産を脅かすようなことはないよう確実を期す必要があります。

GMが供給契約の履行拒絶を決定した場合、契約の解除、申立前の履行拒絶による損害賠償請求の発生という実務上の効果があります。GMは当該契約の全部を履行拒絶しなければならず、当該契約または賃貸借が特則(すなわち、非居住用不動産の賃貸借契約にかかる特則)の適用対象でない限り、GMはその再建計画が認可されるまでは何時でも、供給契約を引受または履行拒絶することができます。

自動車部品メーカー支援プログラム

GMの部品メーカーを安心させる方法として、2009年4月8日財務省は、クライスラーとGMのそれぞれの自動車部品メーカー支援プログラム(ASSP)の立ち上げに関するステートメントを発表しました。現段階ではこれらのプログラムの具体的な詳細は不明ですが、ASSPは、2009年3月19日よりも後に出荷された製品に関して生じた、適格な取引条件に基づく一切の債権に適用されるようです。財務省の支援を受けて、ASSPは自動車部品納入基盤の安定および自動車セクターへの信用のフローの回復に資するべく設計されています。財務省によれば、ASSPにより部品メーカーが流動性を得られるようになって米国の雇用が確保される一方、GMやクライスラーが必要な部品を確保できるようになるということです。ASSPの進展状況についてご興味があれば当事務所までご連絡ください。

GM関連会社に対するゼネラルモーターズ コーポレーションの倒産申立の影響

GMの倒産申立において、必ずしもすべてのGMの国内外の子会社その他関連会社が対象となるわけではありません。非債務者である関連会社は、引き続き通常の業務を行うことができますが、倒産申請を行わない事業体の債権者であっても、その契約を評価し、GMの倒産手続における救済要求に留意すべきです。上述のとおり、GMは自社の保有する国内外の関連会社の株式および/または資産の売却のため、裁判所の承認を求める可能性があります。さらに、DIPファイナンスの要求は、当該倒産手続にかかる債務者ではないGMの関連会社の資産の質権設定および/または保証を条件とする場合があります。

結び

上記の問題は、GMの倒産申立により生じる可能性がある多数の複雑な問題のごく一部です。今後の事態の進捗状況に応じ、重要な点について最新情報をお伝えいたします。ご質問、または、詳細な情報については、下記弁護士までご連絡ください。

East Coast:
Karen Ostadkostad@mofo.com) / Gary Leeglee@mofo.com) / Larren Nashelsky (lnashelsky@mofo.com) / Geoffrey Peckgpeck@mofo.com) / Charles Coleccole@mofo.com) / Alexandra Steinberg Barrageabarrage@mofo.com

West Coast:
G. Larry Engellengel@mofo.com) / Adam Lewisalewis@mofo.com

Japan:
Tsugu Watanabe (twatanabe@mofo.com) / Randy Laxer (rlaxer@mofo.com)

* このニュースレターがご提供する情報は一般的なもので、いかなる個別の事案に対しても適用されることを保証したり、解決を提供するものではありません。具体的な事案においては、当該事案に対する個別の法的助言なくして、ご判断をなされないようにお願い申し上げます。


[1] 現在までに総額134億ドルに上っているGMの救済資金の相対的優先順位についての問題は未解決のままです。
[2] LTVは最終的に再度倒産法による保護を求め2002年に清算し、PBGCは同社の年金給付債務を引き受けました。
[3] 労働協約は未履行契約とはみなされなくなりましたが、倒産法1113(b)条および1113(c)条は、労働契約についての裁判所の承認または履行拒絶に関する法的要件を定めています。
[4] 供給契約のほか、GMは、負担となる販売代理店契約およびフランチャイズ契約について再協議または履行拒絶を行って、販売代理店網を合理化することもできます。GMが363条に基づく売却で自社ブランドのいくつかを売却しようとする限り、契約の履行拒絶を受けた販売代理店は、GMのプレ・パッケージ型の計画の一部として処理される可能性の高い無担保債権を有することになります。


 © 2009 Morrison & Foerster LLP/Ito & Mitomi  All Rights Reserved


page up