このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

トピックス TOPICSRSS XML FEED

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作
2014.07.31 【ニュースレター】 鉄道コンサルタント会社、ベトナムでの贈賄容疑で起訴
2014.07.31 【ニュースレター】 カリフォルニア州最高裁、仲裁合意のクラスアクション放棄条項を有効としながら、カリフォルニア民間法務長官法に基づく代表訴訟の放棄を無効と判断
2014.07.14 【ニュースレター】 Upjohn基準を支持:ワシントンD.C.巡回区控訴裁判所が複数目的の内部調査について秘匿特権による保護を再確認
2014.07.10 【著作】 平山 賢太郎弁護士が共同執筆した「論点体系 独占禁止法」が第一法規出版より出版されました
2014.07.04 【ニュースレター】 中国商務部、P3ネットワークの結成を阻止
2014.06.24 【ニュースレター】 会社法改正の要点 第5回 多重代表訴訟
2014.06.19 【受賞・評価】 ALB Japan Law Awards 2014において、International Deal Firm of the Yearをはじめ6部門において受賞しました
2014.06.10 【ニュースレター】 米国連邦最高裁、連邦巡回区控訴裁判所判決を全員一致で覆す
2014.06.06 【ニュースレター】 最高裁判所、Nautilus v. Biosig事件でのCAFCによる「不明瞭性」基準を否定
2014.06.05 【ニュースレター】 FCPA上の「機関(instrumentality)」の定義を示した連邦控訴裁の歴史的判断

一覧ページへ/Further List of Topics

2014.05.29 【採用】 2014年度 伊藤 見富法律事務所の事務所説明会について
2014.05.08 【プレスリリース】 和仁亮裕弁護士が加入-東京キャピタルマーケッツチームを拡大
2014.02.20 【プレスリリース】 リーマン・ブラザーズ倒産事件のジェームズ M・ペック判事がモリソン・フォースターに入所
2014.02.19 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズの2014年度アジア・太平洋アワードでJapan International Law Firm of the Year 、ならびにケン・シーゲルがOutstanding Contribution to the Legal Professionを受賞しました
2014.01.27 【プレスリリース】 FCPA事件の訴追を主導してきた米政府高官チャールズ・デュロス氏 モリソン・フォースター ワシントンD.C.オフィスに入所
2014.01.23 【お知らせ】 標準規格必須特許に関するFRAND宣言についての裁判所からの意見募集のお知らせ
2014.01.14 【入所】 井上 悠梨弁護士、雲居 寛隆弁護士、坂根 賢弁護士が入所いたしました
2013.12.16 【プレスリリース】 ジェイ・ポナゼッキ外国法事務弁護士が在日米国商工会議所(ACCJ)の第54代会頭に選出されました
2013.11.04 【プレスリリース】 モリソン・フォースター ベルリン事務所を正式に開設 
2013.10.10 法科大学院在学生の方を対象とした伊藤 見富法律事務所の事務所紹介セミナーを開催いたします

一覧ページへ/Further List of Topics

2014.06.19 【受賞・評価】 ALB Japan Law Awards 2014において、International Deal Firm of the Yearをはじめ6部門において受賞しました
2014.02.19 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズの2014年度アジア・太平洋アワードでJapan International Law Firm of the Year 、ならびにケン・シーゲルがOutstanding Contribution to the Legal Professionを受賞しました
2014.02.19 【受賞・評価】 Chambers Asia Pacific 2014において、高い評価を受けました
2013.12.16 【受賞・評価】 Chambers Asia Pacific Awards 2014 -モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所が、国際法律業務部門においてJapan International Law Firm of the Yearにノミネートされました
2013.11.15 【受賞・評価】 The Legal 500 Asia Pacific 2014において、高い評価を受けました
2013.10.16 【受賞・評価】 IFLR1000: The Guide to the World's Leading Financial Law Firms (2014年度版)において高い評価を受けました
2013.06.07 【受賞・評価】 ALB Japan Law Awards 2013において、International Deal Firm of the Yearをはじめ4部門において受賞しました
2013.05.28 【受賞・評価】 モリソン・フォースターはM&A Advisorより2013年度Law Firm of the Year、ならびにケン・シーゲルがLegal Advisor of the Yearを受賞しました
2013.03.18 【プレス・リリース/受賞】 モリソン・フォースターLLP チェンバース&パートナーズ・グローバルよりUSA Law Firm of the Yearを受賞
2013.03.04 【受賞・評価】 Chambers Asia 2013において、高い評価を受けました

一覧ページへ/Further List of Topics

2014.03.14 【セミナー終了】2014年3月13日開催「米国の貿易制裁と通商禁止-主要課題と拡大する域外範囲-」セミナー
2014.02.14 【講演】 雨宮 慶弁護士が公益財団法人 公正取引協会主催の競争法実務家養成 コース「企業結合案件に対する企業の対応」にて講師を務めます
2013.11.26 【セミナー終了】 2013年11月26日「シンポジウム 2013 ~アメリカ知的財産法の最新事情~」(主催:PRIP Tokyo 協賛:モリソン・フォースター)
2013.11.14 【講演】 雨宮 慶 弁護士が、競争法フォーラム年次大会にてパネリストとして参加いたします
2013.10.31 【セミナー終了】 2013年10月30日開催「米国におけるM&Aと戦略的ベンチャーキャピタル投資-主要課題と最近の動向-」セミナー
2013.10.24 【セミナー終了】 2013年10月24日開催「カリフォルニア州で食品や消費財を販売する際の規制問題-消費財に対する集団訴訟での注意点やグリーンケミストリー法の解説-」セミナー
2013.10.21 【講演】 雨宮 慶 弁護士が、公益財団法人 公正取引協会主催の独占禁止法実務講座にて、「不当な取引制限」と題する講演を行います。
2013.08.26 【講演】 雨宮 慶 弁護士がAsia Competition Association の2013 Annual Conference(ソウル)においてパネルディスカッションのモデレーターを務めます。
2013.02.04 【講演】 寺澤 幸裕 弁護士が日本弁理士会と第二東京弁護士会の合同研修会において講師を務めます
2012.11.27 【セミナー終了】 2012年11月26日「シンポジウム 2012 ~アメリカ知的財産法の最新事情~」(主催:PRIP Tokyo 協賛:モリソン・フォースター)

一覧ページへ/Further List of Topics

2014.07.10 【著作】 平山 賢太郎弁護士が共同執筆した「論点体系 独占禁止法」が第一法規出版より出版されました
2014.04.03 【著作】 経済界の「経営者のためのグローバル法務最前線」シリーズにおいて、種田 謙司外国法事務弁護士と細川 兼嗣外国法事務弁護士が執筆した「新興企業の米国市場での上場を活発にする米国『新規産業活性化法』<下>」が掲載されました
2014.03.25 【著作】 雨宮 慶 弁護士が執筆した「独禁法事例速報」がジュリスト4月号に掲載されました
2014.02.04 【著作】 経済界の「経営者のためのグローバル法務最前線」シリーズにおいて、種田 謙司外国法事務弁護士と細川 兼嗣外国法事務弁護士が執筆した「新興企業の米国市場での上場を活発にする米国『新規産業活性化法』<上>」が掲載されました
2014.01.21 【著作】 経済界の「経営者のためのグローバル法務最前線」シリーズにおいて、寺澤 幸裕弁護士が執筆した「みずほ証券誤発注事件とスルガ銀行事件高裁判決後に見るシステム開発の留意点<下>」が掲載されました
2014.01.07 【著作】 経済界の「経営者のためのグローバル法務最前線」シリーズにおいて、寺澤 幸裕弁護士が執筆した「みずほ証券誤発注事件とスルガ銀行事件高裁判決後に見るシステム開発の留意点<上>」が掲載されました
2013.12.20 【著作】 ジェームズ・ハフ外国法事務弁護士と寺澤 幸裕弁護士がPractical Law発行のCorporate Crime, Fraud and Investigationに執筆しました
2013.12.20 【著作】 経済界の「経営者のためのグローバル法務最前線」シリーズにおいて、合田 久輝弁護士が執筆した「異なる国の当事者間で行われるクロスボーダーM&Aにおける留意点<下>」が掲載されました
2013.12.06 【著作】 和田 正弁護士が編集委員として執筆に参加した「会社更生の実務Q&A 120問」が金融財政事情研究会より出版されました
2013.12.03 【著作】 経済界の「経営者のためのグローバル法務最前線」シリーズにおいて、合田 久輝弁護士が執筆した「異なる国の当事者間で行われるクロスボーダーM&Aにおける留意点<上>」が掲載されました

一覧ページへ/Further List of Topics