worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

トピックス TOPICSRSS XML FEED

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作
2016.07.08 【ニュースレター】 Brexitが個人情報保護に及ぼす影響 / Brexit: Data Protection Implications
2016.07.04 【コメント掲載】 ルイーズ・ストゥープ外国法事務弁護士と矢倉 千栄弁護士のコメントが、The Asian Lawyerの記事「Japan Still Sees Fewer Female Law Firm Partners」に掲載されました
2016.07.04 【コメント掲載】 ジェームズ・ロビンソン外国法事務弁護士のコメントが、日本経済新聞の記事「EU並み規制維持表明 個人情報保護」に掲載されました
2016.06.28 【ニュースレター】 Morrison & Foerster - Brexit Overview
2016.06.15 【講演】 ルイーズ・ストゥープ外国法事務弁護士が、ALB Japan IP Conference 2016 (主催:Asia Legal Business  協賛:モリソン・フォースター 他)にて、「Protecting Trade Secrets Across International Borders」と題する講演を行います
2016.06.09 【ニュースレター】 南アジア及び東南アジア地域におけるM&A 2016年5月
2016.06.07 【ニュースレター】 欧州 M+A ニュース 2016年 春
2016.05.24 【紹介】 モリソン・フォースターのチェンバース&パートナーズによるJapan International Law Firm of the Yearの受賞が、フジサンケイビジネスアイの記事「法律事務所評価で4年連続5回目の日本最高位を獲得 モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所」に掲載されました
2016.05.18 【講演】 細川 兼嗣外国法事務弁護士、内田 光俊弁護士が、米国サンフランシスコにて開催の、KPMG LLP主催のセミナー「Listing on Tokyo Stock Exchange for U.S. Companies」にて講演を行います
2016.05.06 【ニュースレター】 EUの一般データ保護規則: 国際取引入門編

一覧ページへ/Further List of Topics

2016.04.25 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズにおいて、5度目となるJapan International Law Firm of the Yearを受賞しました
2015.06.19 【受賞・評価】 ALB Japan Law Awards 2015 において、IP Firm of the Yearを受賞しました
2015.05.14 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズの2015年度アジア・太平洋アワードでJapan International Law Firm of the Yearを受賞しました
2015.02.10 【受賞・評価】 Chambers Asia Pacific 2015において、高い評価を受けました
2014.06.19 【受賞・評価】 ALB Japan Law Awards 2014において、International Deal Firm of the Yearをはじめ6部門において受賞しました
2014.02.19 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズの2014年度アジア・太平洋アワードでJapan International Law Firm of the Year 、ならびにケン・シーゲルがOutstanding Contribution to the Legal Professionを受賞しました
2014.02.19 【受賞・評価】 Chambers Asia Pacific 2014において、高い評価を受けました
2013.12.16 【受賞・評価】 Chambers Asia Pacific Awards 2014 -モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所が、国際法律業務部門においてJapan International Law Firm of the Yearにノミネートされました
2013.11.15 【受賞・評価】 The Legal 500 Asia Pacific 2014において、高い評価を受けました
2013.10.16 【受賞・評価】 IFLR1000: The Guide to the World's Leading Financial Law Firms (2014年度版)において高い評価を受けました

一覧ページへ/Further List of Topics

2016.06.15 【講演】 ルイーズ・ストゥープ外国法事務弁護士が、ALB Japan IP Conference 2016 (主催:Asia Legal Business  協賛:モリソン・フォースター 他)にて、「Protecting Trade Secrets Across International Borders」と題する講演を行います
2016.05.18 【講演】 細川 兼嗣外国法事務弁護士、内田 光俊弁護士が、米国サンフランシスコにて開催の、KPMG LLP主催のセミナー「Listing on Tokyo Stock Exchange for U.S. Companies」にて講演を行います
2015.10.16 【講演】 雨宮 慶弁護士が公益財団法人 公正取引協会主催のセミナー「競争政策の国際的展開と企業活動の留意点」にて講師を務めます
2015.09.07 【講演】 平山 賢太郎弁護士が公益財団法人公正取引協会主催の独占禁止法講座にて講師を務めます
2015.07.29 【講演】 平山 賢太郎弁護士が日本ライセンス協会主催の月例研究会にて、「中国独占禁止法の最新動向とライセンス実務への影響」と題する講演を行います
2015.07.28 【講演】 平山 賢太郎弁護士が、日本弁護士連合会主催の独禁法シンポジウム「これからの独禁法」にて、公取委の流通・取引慣行ガイドラインの改正動向について講演を行います
2015.04.20 【講演】 細川 兼嗣が、有限責任 あずさ監査法人主催のNASDAQ&米国店頭市場セミナーにて、「OTC市場と米国上場市場:米国証券取引法に関する重要な検討事項 」と題する講演を行います
2015.03.16 【講演】 丹羽 大輔弁護士が金融財務研究会主催のセミナーにて講師を務めます
2014.10.08 【講演】 雨宮 慶弁護士が公益財団法人 公正取引協会主催の競争法実務家養成 コース「企業結合案件に対する企業の対応」にて講師を務めます
2014.10.07 【講演】 雨宮 慶 弁護士が、公益財団法人 公正取引協会主催の独占禁止法実務講座にて、「不当な取引制限」と題する講演を行います

一覧ページへ/Further List of Topics

2016.07.04 【コメント掲載】 ルイーズ・ストゥープ外国法事務弁護士と矢倉 千栄弁護士のコメントが、The Asian Lawyerの記事「Japan Still Sees Fewer Female Law Firm Partners」に掲載されました
2016.07.04 【コメント掲載】 ジェームズ・ロビンソン外国法事務弁護士のコメントが、日本経済新聞の記事「EU並み規制維持表明 個人情報保護」に掲載されました
2016.05.24 【紹介】 モリソン・フォースターのチェンバース&パートナーズによるJapan International Law Firm of the Yearの受賞が、フジサンケイビジネスアイの記事「法律事務所評価で4年連続5回目の日本最高位を獲得 モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所」に掲載されました
2016.02.01 【紹介】 モリソン・フォースターのIn-Kind Donation Teamの活動が、Ecozzeriaの記事「【大丸有】モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所のじわじわと広がるCSRネットワーク」にて紹介されました
2016.01.21 【著作】 スチュアート S. ベラハ、早川 真人、ベンジャミン ハン外国法事務弁護士が共同執筆した「米国特許法におけるライセンスvs.特許非係争特約」がBUSINESS LAW JOURNALに掲載されました
2015.12.15 【コメント掲載】 ジェームズ・ハフ外国法事務弁護士のコメントが、Nikkei Asian Review の記事「Asian companies face pressure to cooperate in investigations」に掲載されました
2015.12.04 【コメント掲載】 ゲーリー・スミス外国法事務弁護士のインタビュー記事がフジサンケイビジネスアイの記事「ライフサイエンスM&A事業で攻勢」に掲載されました
2015.10.23 【著作】 丹羽 大輔弁護士が執筆した「インサイダー取引規制の適用除外の改正」がBUSINESS LAW JOURNALに掲載されました
2015.08.31 【著作】 平山 賢太郎弁護士が執筆した「国際カルテル事件における外国事業者に対する初の課徴金納付命令―ブラウン管国際カルテル事件―公取委審判審決平成27・5・22」がジュリスト9月号に掲載されました
2015.08.14 【紹介】 モリソン・フォースターのSummer Associatesプログラムが、Nikkei Asian Review の記事「US law students have 3,000 reasons to intern in Tokyo」にて紹介されました

一覧ページへ/Further List of Topics