Home > 弁護士・外国弁護士のご紹介 > モリソン・フォースター法律事務所 > 野中 高広 Takahiro Nonaka

野中 高広 Takahiro Nonaka

パートナー
国内外の贈収賄、個人情報、不正経理やハラスメント等に絡む役員・従業員らの各種不祥事事案につき、関係当局や捜査機関による調査・捜査への対応・折衝、内部調査の実施やコンプライアンス体制の構築を取り扱う。国内の各種訴訟案件も多数手掛けるほか、クロスボーダーの紛争解決、貿易コンプライアンスも担当する。

2000年より裁判官として約10年間、各地方裁判所(東京、名古屋、高知)、最高裁人事局等に勤務。その間、国内大手の自動車会社人事部に1年間勤務したほか、ワシントンDCの在米国日本大使館にて2年間、外交官として各種国際紛争、贈収賄防止、輸出管理等の職務を担当。

第二東京弁護士会所属。

担当の業務分野

学歴

  • 1998年   東京大学法学部卒
  • 2000年   最高裁判所司法研修所(第53期) 修了
  • 2011年   ジョージタウン大学ロースクールよりLLM取得

page up